FInd Exprience in JApan

FIEJA

facebook
instagram
  1. Home
  2. Communicative Theatre “YADORIGI HOUSE”

Communicative Theatre “YADORIGI HOUSE” コミュニケーション劇場『人宿町 やどりぎ座』

Communicative Theatre “YADORIGI HOUSE”

The English Version Is Above/日本語は下記

 

[English]

<Communicative Theatre “YADORIGI HOUSE”>

Communicative Theatre “Yadorigi House” is a Shizuoka-city based theatre run by Theatre Company, “Watanabe” in order for them to revitalize the city with theatrical culture.
The seats inside are about 80 on four levels of height so that there are several ways to enjoy their shows and performances.

And the theatre surprisingly has a bar next to the seats, so depending on their plays you can have a drink watching them.
The most interesting thing is communicative interactions with actors and audience after shows.
You can have a handshake or talk with your favorite actors.

As Its name goes, the theatre is so communicative for both fans and actors.

 

<What’s Their Recommendation?>

“Yadon-day” is free coin-tossing theatre shows, very interesting to watch.
Please visit YADOIGI HOUSE’s website to make sure about their schedule and time table.

 

<The House’s Words>

After they had closed their former theatre in Shichiken-cho, they got an offer from SOZOSYA’s Mr.Yamanshi to open a new theatre at “Kinema-kan”.
Then, they were not sure if he would like it, so they invited him to their play once, and after the play, Mr.Yamanashi got very excited with the idea of Yadorigi’s opening. And he ended up saying in a great passion, “I would like to make a theatre for the audience and actors to communicate with each like this!”.
As the crew of Yadorigi’s House thought that they were lack of information and review about their performances, they agreed with Mr.Yamanashi’s idea, then, decided to open their own new, communicative theatre with a bar at Kinema-kan!

Their performances shown are for those who like plays and shows regardless of their age and gender. And visitors can see their training which is behind the scene.

↓”YADORIGI HOUSE”’s Information Is Following↓

Communicative Theatre “YADORIGI HOUSE”
Address SOZOSYA Kinema-kan 1F, 2-5-2 Hitoyado-cho, Aoi-ku, Shizuoka-city, Shizuoka
Tel +81 054-272-7277
Closed 1. Tues, Weds

2. Dec 29th – Jan 3rd

Language Japanese
Signs/Guide Japanese
Other 1. With a built-in bar

2. With capacity of 80 – 90 people

Website http://yadorigiza.info
提供: 創造舎/SOZOSYA
人宿町やどりぎ座/Hitoyado-Cho Yadorigi House

 

【日本語】

<コミュニケーション型劇場『やどりぎ座』>

劇場から静岡を盛り上げるために活動中の『劇団渡辺』が運営しているコミュニケーション小劇場。
寄席は80席程度、4種類ある椅子の高さから舞台と客席がフラットになった劇場や、高低差のある劇場まで、様々な視点から鑑賞することができます。
また、観客席横にバーカウンターも併設。
演目によっては、お酒を嗜みながらの鑑賞も可能です。さらに演目終了後には、観客が演出家や俳優など劇団関係者に評価をシェアしたり、握手ができるなど、ファンにとってはたまらない嬉しい場に♪
「コミュニケーション劇場」という名前の通り、劇団と観客の距離が非常に近い劇場。
80名規模という大きすぎず小さすぎず、ちょうどよいサイズの為、観客と役者の距離感が近い。そのため、役者の表情・表現や演出などが観客にも細かく伝わり、臨場感溢れる劇場となっています。

 

<オススメ>

『やどんでい(YADON DAY)』として、入場無料の投げ銭制デー。
スケジュール等は下記Websiteにてご確認ください。
http://yadorigiza.info

 

<人宿町・キネマ館に出店した理由>

2017年に七間町での劇場を締めることになった後、創造舎・山梨社長から『キネマ館』でお芝居をやってくれる劇団を探しているというお話がありました。
そこで一度、観てもらった方が話が早いと、山梨社長に急遽お芝居を観ていただく事に。鑑賞後、大変感激した様子。そして、「観客と役者が対面できる劇場のプロデュースをしていきたい!」と熱く語ってくれました。
また、観客からの評価はアンケート式。回答の中には良いことしか書かれていないことが多く、本当の意見や感想をいただくことが少なかったそうです。
お客様からの生の声を聴くことが、演技・演出の質や観客の満足度の向上に欠かせないと常に思っていた蔭山さん。そこで、劇団関係者と観客が気軽にコミュニケーションできる場を設けらればと思うに至ります。
創造舎・山梨社長の熱烈なアプローチもあり、バーカウンターの備え付けできるキネマ館への入居を決めました。

 

<これから人宿町で期待すること>

お客様の年齢層が割と高めなので、若い世代の方にも観に来てもらいたいと思っているそうです。
そこからまた、親御さんと一緒に観たりと、世代を超えて静岡の人に楽しんでもらえたら、劇団渡辺は考えています。
また、週一で劇団トレーニングを公開。演劇に興味のある方、普段どういった稽古をしているんだろう?とご興味のある方は、気軽に足を運んでみてください。

↓『人宿町 やどりぎ座』の情報はこちら↓

コミュニケーション劇場『人宿町 やどりぎ座』

住所 静岡市葵区人宿町2丁目5-1 SOZOSYAキネマ館2F
Tel +81 054-272-7277
定休日 火曜日・水曜日・12/29-1/3
決済方法 現金
言語 日本語
標識/案内 日本語
その他
  1. 併設バーあり
  2. 収容人数80-90人まで
URL http://yadorigiza.info

[広告/PR]

FIEJA FREE MAGAZINE FIEJA Distribution location